2011年11月04日

Plugin DropChest

DropChestは、ご利用のチェストに吸引機能を付加するプラグインです。

開放コマンドは以下のとおりです
/dropchest
コマンド一覧表示
また、以下のコマンドも同様に「/dc」と省略する事も可能なようです。

/dropchest add [radius]
チェストに吸引機能を付加します。コマンド入力後、右クリックで吸引機能を付加したいチェストをクリックしてください。
またaddの後に数字を入力すると吸引範囲を指定できます。省略すると範囲は2になります。
例: /dorpchest add 3


/dropchest remove [chestid]
チェストの吸引機能を無効にします。無効にしたいチェストのIDを入力してください。
例: /dropchest remove 1
チェスト自体破壊しても同様に無効になります。

/dropchest which
吸引機能付きチェストの情報を表示します。コマンド入力後、右クリックで情報を表示したいチェストをクリックしてください。
表示される情報は「ID 、名前、吸引距離、所有者」



/dropchest info [chestid | chestname]
指定した吸引機能付きチェストの情報を表示します。
例1: /dropchest info 6
例2: /dropchest info souziki


/dropchest list
現在設定されている吸引機能付きチェスとのリストを表示します。


/dorpchest setradius [chestid] [radius]
チェストの吸引範囲を変更します。
例: /dropchest setradius 1 3


/dropchest setname [chestid] [newname]
チェストに名前を付加します。
例: /dropchest setname 1 souziki


/dropchest setowner [chestid] [newowner]
チェストの所有権を譲渡します。
例: /dropchest setowner 1 miryl


/dropchest protect [chestid] [on | off]
LWCの機能を利用してチェストを保護します。たぶん。
例: /dropchest protect 1 on


/dcitem [itemname | itemid]
アイテム名やアイテムIDを習得出来ます。
例: /dcitem stone
上記のコマンドを入力すると「STONE is 1」が結果として返ってきます。

例: /dcitem 1
上記のコマンドを入力すると「1 is STONE」が結果として返ってきます。


/dropchest filter [suck | push | pull] [chestid] [itemid | itemtype | clear]
吸引機能を付けたチェストにフィルタ(選別)機能を付加します。
例: /dropchest filter suck 1 egg

/dropchest filter [suck | push | pull]
対話モードで吸引機能を付けたチェストにフィルタを追加します。コマンド入力後に対象のアイテムを吸引機能付きチェストに登録します。
登録方法は以下の通りです。

例: /dropchest filter suck
吸引機能付きチェストに吸引させたいアイテムを左クリックする事で登録します。

例: /dropchest filter push
吸引機能付きチェストに吸引させたくないアイテムを左クリックする事で登録します。

例: /dropchest filter pull
使い方がまだよく分からないです。情報求む。


その後「/dropchest filter finish」を入力する事で対話モードを終了し、フィルタが有効になります。

/dropchest filter [suck | push | pull] [chestid] [clear]
フィルタを消去します。
例: /dropchest filter suck 1 clear
チェストID 1のsuckに登録したフィルタを消去します。
他の方法としては各対話モードで素手殴る事でも可能です。

posted by MiRyL at 00:54| Comment(0) | 02.プラグイン詳細 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。